11/25/2020
Breaking News

小多機と異なる看多機の特徴とは

看多機とは、看護小規模多機能型居宅介護を略したもので、小多機と呼ばれる小規模多機能型居宅介護と訪問看護サービスを組み合わせた福祉サービスのことです。
小規模多機能型居宅介護は、在宅の要介護者を様々な場面で支援する介護サービスで、通所や訪問に加えて宿泊介護も行います。
小多機が通所介護を重視するのは要介護者の自立性を尊重するためで、可能な限り自宅を離れて他の要介護者とも交流できる通所介護サービスによる支援を行うようにしています。
通所が困難なケースでは、訪問介護を行ったり、宿泊介護のため要介護者を事業所に預かったりして、家族の負担を減らす役割も果たします。
しかしながら、介護職員では手に負えない医療的ケアの必要な在宅要介護者も少なくありません。
入院期間を短縮し在宅療養を推進する国の政策によって、このような在宅療養者は増える一方です。
小規模多機能型居宅介護では、介護福祉士などの介護職員が入浴や介護業務に当たりますが、痰の吸引など医療行為が必要な場面では対応に困ることも珍しくないでしょう。
こうした場面では、医療行為を行うことができる医療従事者が同行することが求められます。
看護小規模多機能型居宅介護では、訪問介護の場に看護師も同行するため、医療行為が必要になっても問題ありません。
看護師は介護スタッフと同一事業所に所属して常に要介護者に関する情報交換を行っており、適切な看護を施すことができます。
医療支援が欠かせない要介護者は増えているので、看護師が同行する看護小規模多機能型居宅介護は、重宝されるようになっていると言えるでしょう。