11/25/2020
Breaking News

看護師が看多機で働くなら知っておきたい事

看多機というのは、看護小規模多機能型居宅介護のことです。
デイサービスや訪問介護などのサービスに、看護のサービスも合わせたもので、仕事内容も若干変わってきます。
介護士と同じように食事や入浴の介助なども行いますが、看多機で働く看護師が活躍するのは医療的な分野です。
介護士は医療行為ができないため、食事の介助などしか行うことができません。
しかし、看護師ならカテーテルや痰の吸引、注射や点滴などの医療行為を行うことができます。
看多機にはこういった医療行為を必要とする利用者も多くいるので、看護師の力が求められています。
高齢化が進む日本では、介護の現場でもこういった医療行為を行える人材の需要が高くなるため、看護師の活躍の場の1つとして看多機が注目されているのです。
医療現場に比べれば医療処置を行う機会は少なくなりますが、在宅療養している認知症の方やがん患者さんとの関わりがあり、そこで看護師の実績を積むこともできます。
また、病院に比べれば夜勤や残業が少ないというのも看多機の特徴の1つです。
看多機には看護師だけでなく多くの介護士も働いているため、連携を取りながら勤務時間の調整がしやすくなっています。
看護師の仕事を続けながらワークライフバランスもしっかり取りたい、そういう人にぴったりな職場と言えるでしょう。
看多機の需要は高齢化が進むと共に高くなると予想されているため、需要が増えればブランクがある看護師さんも復職しやすくなるでしょう。