11/25/2020
Breaking News

安定性が魅力!看多機で働くやりがい

看多機は、正しくは看護小規模多機能型居宅介護という名前の複合サービスのことで、看護・介護の新しい形として注目されています。
介護施設への通所を中心としながらも、宿泊だけでなく自宅への訪問介護・訪問看護と組み合わせることが出来る自由度の高いサービスです。
介護・看護サービスの利用者はできれば自宅療養したいと希望する方も多く、そのニーズを満たすことが出来ることから利用者が増えており、これから看多機は増えていくことが予想されています。
どの日を通所にしてどの日は訪問介護を受けるかを利用者が決めることができるため、利用者に精神的な負担が掛かりにくいのが特徴です。
利用者がイライラすることが減り、看護する際も円滑で良好なコミュニケーションを取りつつ行えるのは従来のサービスとの大きな違いと言えるでしょう。
そのため看護師も利用者に感謝されやすく、仕事のやりがいを感じやすくなっているのです。
また看多機は月定額サービスの形態をとっており、利用者は追加料金などの心配がなく安心してサービスを受ける事ができます。
これは通所と訪問介護のスケジュールが変化しても料金が変わらないため、利用者が利用を減らした場合でも収入が減ることはありません。
そのため給与が安定しており看護師側も安心して働けるメリットへと繋がっています。
看多機は利用者側と事業者側のどちらも安心してサービスを受けたり提供できる環境が整ったサービス形態であり、看護師がやりがいを感じやすい職場であると言えます。